トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<

トランクルームとは

トランクルームやレンタル収納スペースを利用すれば、荷物の整理を楽にできます。そのわけが、これらのスペースには、自宅で置き場所に困っている荷物を収納することができるからです。収納に困っている荷物をしまっておくことによって、部屋が荷物で圧迫されることがなくなり、広々としたスペースで生活することにつながります。
実際に東京都でトランクルームやレンタル収納スペースを利用するときのポイントが、どのくらい料金で利用できるのかということです。ただでさえ家賃が高い東京において、自宅のほかに収納のためのスペースを利用するとしたら、必要なお金が増えます。そこで実際にスペースを借りて収納をしようと思うのであれば、格安のトランクルームやレンタル収納スペースを利用しましょう。
格安なスペースを探すときには、インターネットを利用することでおすすめ情報が得られます。インターネット上には、実際にスペースを借りて収納をしている方が多くいます。インターネット上で、実際に利用している方の声を参考にして、自分に都合の良い収納スペースを探してみましょう。
またインターネットで検索することによって、東京都でどのような収納スペースが借りられるのかわかります。そのような情報から自分にとって利用するのにピッタリなスペースはどこなのか考えていくことが大切です。同じように収納スペースを借りたい方でも、人それぞれ状況は異なります。そのため人と同じスペースを借りるのではなく、個人の状況に合わせて考えていくことを忘れないようにしましょう。

トランクルームの使い方

東京都において格安でトランクルームやレンタル収納スペースが利用できるとわかっても、どのように使えばいいのかイメージがわかないという方も多くいるかもしれません。そこで実際にスペースを借りる前に、どのような使い方をすることができるのか知っておくことも大切です。また使い方について考えるときには、実際に使っている方の実用例を参考にするのも1つの手です。
どのような使い方ができるのかという点に関しては、何か決まりがあるわけではありません。さすがに生き物は収納できませんが、それ以外のものであれば、ほとんどのものが収納することができます。そこでどのように使うか考える場合には、自宅のスペースをどのように整理したいのかという点を合わせて考えるようにしましょう。
例えば荷物の整理をしたいと考えたとき、クローゼットの中で冬物のコートや布団がスペースを取っているという方もいるでしょう。そのような方は夏の間、トランクルームやレンタル収納スペースに冬物のコートや布団をしまっておくのも1つの手です。逆に冬の間には、夏にしか使わないうきわやサーフボードなど、夏のレジャーグッズをしまっておくこともできます。ほかにも捨てられない子供の思い出の品をしまっておく、本のコレクションを一部しまっておくなどの活用方法もあります。100人いれば、100人の利用方法があるトランクルームやレンタル収納スペースだからこそ、自分にあった形で使いましょう。

トランクルームの種類

トランクルームについて考えるとき、どのような種類があるのかという点を把握しておくことが大切です。実はトランクルームは、大きくわけると屋内型と屋外型が存在しています。このうち東京都に多いのが、屋内型のタイプです。このタイプは、マンションやビルを改装した作られたものが多いのも特徴です。マンションの1室のようなイメージで利用できます。屋内に作られているため、防犯上の安心感があるというのもポイントの1つです。ほかにも屋内であるため温度や湿度の管理、さらには雨風に強いメリットもあります。荷物を出し入れするときも、屋内なので濡れる心配がないのです。
一方で屋外型のタイプは、駐車場などの一角にコンテナを設置しているケースが多くみられます。このタイプにおける最大のメリットは、料金が格安だということです。屋内型だと少し料金が高くなってしまいますが、コンテナが設置してあるような屋外型は、比較的安く利用できるのです。
どちらのタイプのトランクルームが適しているのかという点に関しては、どのような荷物を預けたいのかという点によって考えていくことも大切です。例えば屋外に設置されているコンテナの場合、特に夏場は温度が上がりやすいなどの欠点が存在しています。そのような欠点を踏まえて考えると、コンテナの収納を利用するときには、温度変化に弱いものは預けないのが無難です。安さばかりにこだわらず、荷物の保存という点も踏まえて考えることを忘れないようにしましょう。

トランクルームの選び方

東京都で格安のトランクルームもしくはレンタル収納スペースを利用したいと思ったとき、選び方のポイントとなるのは値段だけではありません。屋内型か屋外型なのかという種類も大切な問題ですが、それ以外にも注意しなければならない点が存在しています。そのポイントとなるのが、トランクルームやレンタル収納スペースの広さです。
実際にスペースを借りる場合、どのくらいの荷物を収納したいのかということによって、必要な広さは変わってきます。そしてスペースが広ければ広いほど、借りる料金も高くなるので、しまいたい荷物の量と広さ、さらには料金のバランスを考えて選ぶことを忘れないようにしましょう。
また利用するトランクルームやレンタル収納スペースを選ぶとき、場所の問題も大切です。特に頻繁に荷物を出し入れして利用したいと考えている方は、交通アクセスが悪い場所にあると、行くだけで面倒な思いをしてしまいます。車で行きたいと考えている方であれば、駐車場があるのかという点にも注目しましょう。
他にも選び方として注目すべき点に、荷物の出し入れができる時間があげられます。24時間いつでも荷物が出し入れ可能という場所もあれば、夜間は荷物の出し入れができないこともあります。自分が荷物の出し入れをしたい時間帯を踏まえたうえで、どこのスペースを借りるのが最適か考えていくようにしましょう。また24時間営業のスペースを借りる場合には、防犯対策を考慮することも大切です。

トランクルームに必要な費用・料金

格安で東京都の格安トランクルームを探す場合でも、安いかどうかだけではなく、総合的にどのくらいのお金がかかるのか把握したうえで借りることを忘れないようにしましょう。
また相場を参考にすることも必要です。例えば1畳ほどのスペースを借りるとしたら、相場を最初に調べて、相場と比較して安いのか高いのかという点を比較していくことが大切です。相場は1畳なのか2畳なのかという広さによって大きく異なるので、借りたい広さに応じて調べるようにしましょう。
トランクルームの料金について考える場合、月額料金にだけ注目する方もいますが、初期費用の問題もあります。どのくらいの初期費用が必要になるかは、利用する業者によって異なります。敷金や礼金など初期費用の項目も業者によって異なるので、利用したいと思う業者ごとに調べる必要があるのです。また数か月だけの短期利用ではなく、何年にもわたって利用したいと考えている方は、更新料が必要になることもあるので注意しましょう。
もし利用するトランクルームが、自宅から数駅離れた場所にある場合、交通費も必要な費用となる点を忘れてはいけません。月に何回か荷物の出し入れをしたいとしたら、その場所まで行く回数分の費用が月額料金にプラスされます。そのような総合的な費用から考えて、どこが一番格安で利用できるのか考えていくようにしましょう。深夜の荷物の出し入れは追加でお金を支払う必要があることもあるので、細かい点まで確認していくことが大切です。